レンズの記憶

Top
写真はすべての記憶を蘇らせ僕に語り掛けてくれる

タグ:NOKTON 35mm ( 26 ) タグの人気記事

NEW WEAPON "C SONNAR T* 1.5/50 ZM"

昨年1年間 35mmで練習を重ねて来て 次は50mmといろいろ物色している折に知ったゾナー。
品薄で依頼後 ほぼ4ヶ月待って待って やっと製造完了の連絡が来ました。
c0350754_16532538.jpg

まずは記念撮影をかねてカタログチックにカメラそのものを撮って遊んでみました。
c0350754_146444.jpg

1930年当時の設計を取り入れているということですが 何かとても惹かれてしまったのでした。
ボディはほぼ最新機種で レンズは懐かし系というギャップがソソラレルのでしょうか~。
不勉強ゆえに 機材の性能がうんぬんと云うレベルではありませんから 私の場合は所有感が気に入ったものを使い込んでいく・・・っていうタイプなんだと自己分析をしています。
まあ 言えることは 今時このタイプをわざわざ選択する人もそう多くはないでしょうかね。

NOKTONとミックスで こちらもカタログ調に。
上が"NOKTON classic 35mm"で 下が今回入手した"C SONNAR T* 1.5/50"です。
No.1
c0350754_1654344.jpg

No.2
c0350754_16541647.jpg

No.3
c0350754_16543366.jpg

[PR]
by lensnokioku | 2016-05-28 17:02 | フォトノート | Trackback | Comments(2)

江戸東京たてもの園 PartⅡ

c0350754_2014635.jpg
c0350754_20143862.jpg
c0350754_2017586.jpg
c0350754_20211691.jpg
c0350754_20212987.jpg

実は100カット近く撮ったのですが 3W以上も放置してしまったので・・・
今日のところはこのくらいで。
ちなみに1枚目のお店は居酒屋だそうです。
あんな雰囲気でしみじみ一杯やってみたいもんですね~。

放置してしまっていた理由は後日。
長くお付き合いいただいている方にはお分かりのことと思います・・・。(笑)
[PR]
by lensnokioku | 2016-05-25 20:27 | フォトノート | Trackback | Comments(0)

新緑の中の日本家屋

c0350754_204402.jpg

c0350754_20441781.jpg

c0350754_20442762.jpg


先日 小金井にある "江戸東京たてもの園" を散策し 新緑のシャワーをたくさん浴びて来ました。
これは高橋是清邸を復元したものですが 物々しいイメージのある事件とは裏腹にとても趣のある素敵な日本家屋でした。

※思いの外とっても広く 見どころもたくさんで素晴らしいスポットでしたので 順を追ってご紹介したいと思います。
[PR]
by lensnokioku | 2016-05-07 20:50 | フォトノート | Trackback | Comments(2)

2016 初の枝垂れ

c0350754_22152114.jpg

満開少し前の幹や枝がまだ見えるくらいが好みです。
今年は暖冬の影響で桜の開花状況が揃わず
なかなか枝垂れのタイミングにカメラを構えることができませんでした。
[PR]
by lensnokioku | 2016-04-11 22:19 | フォトノート | Trackback | Comments(0)

雫のなみだ

c0350754_16391073.jpg
c0350754_16391946.jpg
c0350754_16392991.jpg

東京地方は朝から無情の雨。
やっと満開に咲き誇った桜たちの葉や枝に容赦なく降り注ぐたくさんの小さな雨粒。
よほど重いのか みな一様に下を向きその重さに必死に耐えている様子が健気でどこか愛おしい。
やがて 小さな雨粒たちは大きな雫となり 薄ピンク色の滑り台をツルンと滑り落ちてゆく。
その様子は 瞳に溜め留められなくなった"大粒のなみだ"がこぼれるかの様に見えた。
[PR]
by lensnokioku | 2016-04-04 17:18 | フォトノート | Trackback | Comments(0)

桜 & ダイヤモンドヴェール

ダメ元 & 確認の感覚で 土曜に足を運んでみましたが 2分咲きくらいでした~。
c0350754_1802985.jpg

c0350754_010573.jpg

意外とこの組み合わせのベストポイントってないんですよね・・・。
まして ダイヤモンドヴェールと満開のタイミングはさらにハードルが上がってしまいそうですね。
※昨年の事例は こちら です。
[PR]
by lensnokioku | 2016-03-28 18:07 | フォトノート | Trackback | Comments(0)

選べる運命

先日 こちら で紹介した花のゆくえを。
最期の力を振り絞り咲き誇るゆりと絶頂期を永遠に保存(しようと)するバラ。
スポーツ選手の引き際を連想させる感があります。
c0350754_20382689.jpg

c0350754_8572676.jpg

c0350754_8574230.jpg

[PR]
by lensnokioku | 2016-03-28 13:11 | フォトノート | Trackback | Comments(0)

証拠写真

c0350754_16352661.jpg

先日 相棒に 普段の感謝の気持ちを込めて買ってみました。
量的にはしょぼいけど そこは・・・。
[PR]
by lensnokioku | 2016-03-16 16:55 | フォトノート | Trackback | Comments(2)

江戸東京博物館

先日 江戸・東京をテーマとする都立博物館に行ってみました。
1/10サイズから原寸大までの建築模型が実にリアルで とっても懐かしい作品も多く 気が付いたら3時間があっという間に過ぎていました。 また 行ってみたいと思える充実ぶりで面白かったです。
さて どれがミニチュアでどれが原寸サイズの再現か見破ることができるでしょうか~。

・三井越後屋江戸本店(現在の三越百貨店)
c0350754_18262270.jpg

・越前福井藩主松平忠昌邸上屋敷
c0350754_18265159.jpg

・日本橋 北詰
c0350754_18272076.jpg

・中村座(現在の歌舞伎座)
c0350754_18254641.jpg

・朝野新聞社(現在の銀座4丁目の角に在りました)
c0350754_18273138.jpg

・ひばりヶ丘団地
c0350754_1827489.jpg

c0350754_1828194.jpg

撮影可のため他にもたくさん撮りましたが これから行かれる方の楽しさが半減してしてしまうかもしれませんからこのくらいにしておきます。
※ミニチュアは1-3枚目まででした~。
NOKTON classic 35mm F1.4 / 開放
[PR]
by lensnokioku | 2016-03-14 19:16 | フォトノート | Trackback | Comments(0)

完成の連絡を受け受け取りに行くと このDisplayに目が留まりました。
メガネのフレームはかつてプラスチック製が多く 板状の素材から作っていた。 故に メガネを数える際は"1枚 " "2枚" と数える様になったという。
また 着替えるという着想から "1着" "2着" と数えるという説も存在するよう。 いずれにしても 意味を持たせ そこに拘りるということでは共通しているし 素直に "あ~ぁ いいな!" と感じる話。
c0350754_15402163.jpg

・・・で どれを選んだのか? いずれ自撮りでもすることがあったら~。
[PR]
by lensnokioku | 2016-03-07 15:55 | フォトノート | Trackback | Comments(0)