レンズの記憶

Top
写真はあらゆる記憶を蘇らせくれる魔法

カテゴリ:フォトノート( 154 )

築地場外

カミさんと仲良く散歩&週末の食材仕入れにぶらり。
やっぱり 安い・新鮮・旨いっていうのは幸せです。
c0350754_14245700.jpg
c0350754_14250606.jpg
c0350754_14251803.jpg
これ 買いました。
安いです!
c0350754_14252733.jpg
これ 🐢さんのご飯に…って思ったけれど止めておきました。
さすがに贅沢ですね。
c0350754_14253727.jpg


[PR]
by lensnokioku | 2018-01-20 14:30 | フォトノート | Comments(2)

消化域に

10日にクリアしてからほぼコンスタントに消化できるように。
コツを掴んだみたいです。
c0350754_10272945.jpg
◇追記
ただ 筋トレが目的ではないので 過度と過密はNG。
いつか怪我するか飽きるのがオチになる。
けれど 筋肉ってやつは もっともっとって向こうから求めてくる。

なので いかに300とちょっとを充実させるかが大事。
どう充実させるか?

それには 反動を付けない。 可能な限りスローにやる。
これだけでもかなりの負荷が増す。
c0350754_10235302.jpg

[PR]
by lensnokioku | 2018-01-19 10:29 | フォトノート | Comments(0)

変わりゆく景色

正月の三が日にスーパームーンを撮った場所からちょうど対岸上にあるカレッタ汐留の46Fから撮影しました。
できれば 月島・勝どきの散歩シリーズに加えたいところだったのですが 築地市場がメインでもあるので止めておくことにしました。
c0350754_22512276.jpg
それはさておき 30年前の夜 勝鬨橋から見る月島・勝どき方面は暗黒の大海の様な有様でした。
それが今やコンクリートジャングルと化し ダイヤモンドの如き煌きを放っています。
そして 80年以上に渡り東京の冷蔵庫の大役を果たし続けて来た年老いた市場はその最後の冬を静かに過ごしています。
記念に一枚押さえておきたかっただけに満足です。


[PR]
by lensnokioku | 2018-01-15 23:00 | フォトノート | Comments(2)

お土産

カミさんから🐢好きの私へのお土産です。
c0350754_13151051.jpg
c0350754_13151758.jpg
c0350754_13152457.jpg
c0350754_13153509.jpg

有難いことです。


[PR]
by lensnokioku | 2018-01-14 13:16 | フォトノート | Comments(0)

天ぷらそば

本を声に出して読む朗読という作業。
これが極めて可笑しい。
c0350754_15395449.jpg
何がオカシイかと云えば いろいろなのだ。
例えば 声。
自らの地声である。
あれ こんなんだったけな!?
朗読という行為に乗せられた声は 普段聞きなれているはずのそれとは異なる。

次に やたらミスる。
これも あれ おかしいな こんなにつっかえるかな!? となる。

さらに 意味がすんなり呑み込めないことに気付く。
そして 終いには 情感を込めて人に聴かせているかのようなイントネーションを効かせていたりする。
実に滑稽なのだ。
それがなんとも面白いし可笑しいのである。
c0350754_15400473.jpg
ちなみに これはあるTV録画をパチッとしたものだが このシーンで俳優さんの朗読が素晴らしすぎて堪らなかった。
情感たっぷりで 天ぷらそばが食べたくて居ても立っても居られなくなるのである。

[PR]
by lensnokioku | 2018-01-11 17:13 | フォトノート | Comments(0)

初の達成

昨日までの とりわけ昨日の不甲斐ない結果にいささか苛立ち 朝からピッチをあげてみたところ 夕刻にというかなり時間を余しての初の達成になった。
c0350754_16381972.jpg
今日はもう少し回数を重ねるかもしれないので付箋で。

内訳は腹筋50-50-60,計160 スクワット10-20-30-20-20-20,計120 腕立て10-10-10-10-10,計50
ルールとして 腕立ては1度に最高10回まで スクワットの1回目は10回が原則 という2点のみがある。
これは 腕立ては過去に肘を痛めていること スクワットは怪我防止の意味でそれぞれ制限を設けている。

尤も 筋トレが目的でなくあくまでも健康管理の一環ということで始めているので一度にガツガツやるのでなく コーヒーを淹れるついでなど〇〇しながらの中で心拍数がやや上がる程度の繰り返しでいいのだ。 何はともあれ 初の達成まで3週間を要することになったがまずはひと安心した。


[PR]
by lensnokioku | 2018-01-10 16:55 | フォトノート | Comments(0)

初詣/2018

今年もこちらに無事参拝しに来られ安堵。
何もないのが"何より"だ。

昨今の御朱印ブームの影響かおそらく参拝者が増えているのか… 随所に改修の痕跡が見られた。
手水舎の場所にも囲いがなされ 応急措置なのか入り口横に移っていた。
c0350754_19381512.jpg

昨年は6日だった。
空いていて良かった。
今年は向かう途中で気付いたが 仕事始めを選んでしまった。
…と云っても 大した列ではないので ガラガラよりは気分的にもちょうどいいくらいか。

c0350754_19380026.jpg

c0350754_19380846.jpg
c0350754_00041724.jpg
例年と同じZ旗の"勝守"とおみくじを引いて無事終了。
毎年変わらず同じ これが一番のしあわせなんだろう。
来年も無事来られることを!


[PR]
by lensnokioku | 2018-01-04 20:14 | フォトノート | Comments(0)

三が日 / 2018年

早くも 2018年の正月三が日が終わろうとしている。
あっという間だなという印象。
三が日というのは 今年も新しい年を迎えることができ有難いと思う気持ちが募り その影響から神聖な気持ちが凝縮した三日間になる。
だからこそ 大事に過ごしたい気持ちが強くなる分 終わりかけると少しだけ淋しくもなり 逆に"また明日からやろう!"という気持ちへの橋渡しにもなる。

では 今年の三が日を写真で追っておこう。

1/1 元旦
氏神神社に初詣へ出向いた後 今年初の夕日を。
元日から良く晴れ 雲もほどよく配置され GOODでした!
c0350754_18325594.jpg
c0350754_18331088.jpg

1/2
人生初の一般参賀へ。
今年は注目を浴びる分飛んでもない人出になるだろう…と容易に想像できたが それでもいいと向かいました。
すると ご覧の人出。
12万6千を超える人出だったということで 見事に的中ですよ。(笑)
c0350754_18375896.jpg
3時間15分後…この日 4回目の時に陛下の生のお声を拝聴することができ とても感激。
c0350754_18380971.jpg
この写真から感じるほど距離は離れていませんが 35mmで等倍撮影だとお顔までは厳しいですね。
お言葉中の写真をトリミング。
c0350754_18521362.jpg
皇居を後にするまで人・人・人でしたが いい思い出になります。
c0350754_18545073.jpg
1/3
朝起き カーテンを開けると ものすごく綺麗な満月が東京タワーの右上に出現。
ちょうど日の出前のマジックで 西の空が碧く染まって すさまじいほどに美しく見える~
興奮し慌てふためいて 撮りにいきました。
c0350754_18575727.jpg
c0350754_18581261.jpg
少しでも遅くなるとアウトだろうと… 防寒具を羽織ることだけでレンズも交換する間も惜しく行ったのでした。
帰宅後 スーパームーンだと知りました。
それも 今年はまだ始まったばかりにもかかわらず 今年最大の月だというじゃないですか…

まあ なんともラッキーな三が日でした。
この幸先の良さのまま今年は行きたいところです。

[PR]
by lensnokioku | 2018-01-03 19:19 | フォトノート | Comments(0)

よろしく 2018

あけましておめでとうございます。
c0350754_17581295.jpg


[PR]
by lensnokioku | 2018-01-01 00:00 | フォトノート | Comments(0)

裸眼へ

視力は人並みに良く1.5をずっと保って来ていた。
なので当然のように50くらいまでは裸眼でいけるだろうとの如く 疑いの余地など微塵も入る隙間がないほどであった。
しかし 社会に出ること数年後に Windows95の発売を皮切りに時代は一気呵成にパソコン時代へと大変貌を遂げて行ったのである。
すると まさかの30代終焉の頃に遠視が発覚し 以来眼鏡生活を続けるハメに陥ってしまった。
そして 今ではPC用・外出用に 室内用と計3本の眼鏡のお世話になっているという…

c0350754_22551892.png
眼鏡生活が長くなると 目の周りの筋肉が著しく低下することに繋がります。
要するに 裸眼の時は眼球だけを動かすことで事足りている程度のことが フレームなどが邪魔になり 知らず知らずのうちに少しずつ頸丸ごと行ってしまうことが増えて行き 何時しか必要以上に首を振り焦点物をより正面に近い位置で捕らえるようになって行ったのです。
すると 目そのものがなにかこう小振りになって行ってしまったような感覚に捉われるのです。

そこで 数日前からPC時以外は裸眼で生活するようにしてみました。
眼鏡を掛け始めた頃 医師からは外したり付けたりを繰返すと症状が悪化すると注意を受けていましたが 実は既に遠視の最高悪化レベルの一歩手前まで行っていると告げられているのです。 ならば 必要最小限だけ掛けようという発想でした。

率直に云って 非常に疲れることが多いです。
…が 確実に目の周りの筋肉は柔らかくなっていっていると実感があります。
さて 今後いかなる結果が待っているのか 楽しみでもあります。

※写真はお世話になっている眼鏡屋さんであり記事内容との意味合いはありません。


[PR]
by lensnokioku | 2017-12-30 23:54 | フォトノート | Comments(0)